Project

Profile

Help

Blog

Planio Support (ja - 日本語): Planio Help Deskのトラッキングページの保持期間の設定が可能に

Added by Yukiko Ishihara 2 months ago

ご存知のように、PlanioのHelp Deskはトラッキングページよりチケットに関する過去のやりとりを閲覧することができます。このページには、お客様が送受信した内容がすべて表示されます。

各トラッキングページは、やりとりに関わる当事者のみが知っている安全な個別のリンクを通じてのみアクセスできますが、お客様の中にはトラッキングページを完全に無効にしたい、あるいは、問題が解決したり非アクティブになったりして時間が経過したらトラッキングページを無効にしたいというご意見もありました。

機密性の高いデータを扱っている場合でも、一般外部に公開する情報量を減らしたい場合でも、プロジェクトごとにトラッキングページの表示を微調整することができるようになりました。これを行うには、プロジェクトの[設定]→[Help Desk]タブ→[Tracking page visiblity]で最後の更新からトラッキングページが期限切れになりアクセスできなくなるまでの日数を設定できます。「Never」を選択すると、このプロジェクトのすべてのトラッキングページが完全に無効になります。

この機能では、ログインしたユーザーがお客様に送信した外部コメントのみがアクティビティとして見なされることに注意してください。内部的な理由でチケットの項目を更新しただけでは、トラッキングページの表示には影響しません。


Comments

Planio Support (english): Configurable life time of tracking pages in Planio Help Desk

Feature update
Added by Jens Krämer 2 months ago

As you might already know, Planio Help Desk allows customers to view the past communication on an issue via a public tracking page. This page shows all previous communication with the customer which was either sent to or received by them.

Although each tracking page can only be accessed through its secure individual link, which is only known to the parties involved in this communication, some of our customers expressed the desire to disable the tracking pages entirely, or to turn them off after some time, i.e. once an issue was resolved or had gone inactive.

Whether you are handling really sensitive data, or just generally want to reduce the amount of information that's exposed externally, you can now fine-tune the tracking pages visibility on the project level. To do so, navigate to the Help Desk settings of your project, where under Update notifications and tracking pages, you can configure the number of days of inactivity after which tracking pages will expire and become inaccessible. Selecting Never will entirely disable all tracking pages for this project.

Tracking page visibility setting in Planio Help Desk

Please note that only external comments sent to the customer by a logged-in user will count as activity in the context of this feature. A mere change of issue attributes for internal reasons will not affect tracking page visibility.

Planio Support (ja - 日本語): Planioのフィルタがさらに強力に

Added by Yukiko Ishihara 3 months ago

Planioのチケット一覧画面でチケットを探すのに苦労したことがある方にお勧めの機能です。

以前はフィルタの「含む」は単純に文字列が一致した場合のみ抽出していましたが、文字列の順序が異なっていたり、文字列に含まれない単語で区切られていたりしても抽出するようになりました。

例えば、「Water the flowers」という題名のチケットがあったとします。以前は抽出できなかった「water flowers」や「flower water」を含むフィルタを設定して、抽出されるようになりました。以前のように、正確なフレーズや部分文字列と一致させるには、"the flowers" のようにダブルクォーテーションで囲みます。

また、「含む」フィルタがアップグレードされただけでなく、関連するチケットや親チケットの検索も同様に機能します。

なお、これまでワイルドカードの %_ をフィルタに使用していた場合は、今後は代わりにスペースを使用するとよいでしょう。%_ を検索すると、実際にはその文字を含む値が検索されます。

Planio Support (english): Planio filters just got more powerful

Feature Update
Added by Jens Krämer 4 months ago

If you ever struggled with finding what you are looking for in Planio's issue lists, this one is for you.

The contains filter, which previously did a simple sub string match, now finds the given query terms even if they appear in a different order or are separated by words that are not part of your query. For example:

Suppose you have an issue named Water the flowers. Previously, a contains subject filter for water flowers or flower water would not have found that. Now it does! In order to get the previous behavior and match an exact phrase or substring, just enclose it in double quotes: "the flowers".

More powerful "contains" filter

But not only the contains filter got an upgrade, searching for related or parent issues works in the same way:

Searching a related issue

Note that if you have previously used the (undocumented) % and _ wildcards in your filters, you might want to use spaces instead from now on. Searching for % or _ now actually finds you values that contain that character.

Planio Support (ja - 日本語): Microsoftアカウントでログインできるようになりました

Added by Tomomi Yuzuriha 5 months ago

MicrosoftのアカウントでPlanioにログインできるようになりました。

PlanioのユーザーアカウントをOffice365やMicrosoft Azureのアカウントに紐づけるには、「個人設定」から設定を行います。
設定後はログイン画面の上にあるMicrosoftのロゴをクリックするだけで、Planioにログインできます。

  1. 「画面右上のアカウント名」→「個人設定」をクリック
  2. 「Enable login with Microsoft」をクリック
  3. 画面の案内に従いMicrosoftアカウントでサインイン
  4. 同意画面で「はい」をクリック

Planio Support (english): Sign in to Planio with your Microsoft account

Feature Update
Added by Jens Krämer 5 months ago

We have recently added Microsoft to the growing list of identity providers that you can use to sign into your Planio account. In order to connect your Planio account with your Office365 or Microsoft Azure account, click on Your AvatarMy accountEnable login with Microsoft.

Sign in providers

Consent screen

After clicking Yes on the consent screen, you will be able to sign into your Planio account in the future just by clicking the Microsoft logo above the login form.

Planio Support (ja - 日本語): 更新したチケットのウォッチャーに自動で追加される設定ができるようになりました

Added by Keiko Fukuda 6 months ago

チケットを更新すると自動的にウォッチャーに追加される設定ができるようになりました。

ウォッチ中のチケットが更新された場合に通知を受け取る設定と組み合わせることで、気になるチケットの動向を常に把握することが可能になります。
この機能の利用方法は下記の通りです。

  1. 「画面右上のアカウント名」→「個人設定」をクリック
  2. 新たに追加された「AUTO WATCH」欄の「Issues I contributed to」にチェックを入れる
  3. 「保存」をクリック

Planio Support (english): Automatically watch issues you have contributed to

Feature Update
Added by Jens Krämer 6 months ago

It is now possible to be added as a watcher to issues automatically whenever you update them.

In combination with one of the existing notification options that allow you to be notified for changes on items you are watching, this provides a great way to stay on top of the things that do concern you. To take advantage of this, click on Your AvatarMy account and enable the Issues I contributed to option in the new Auto watch section:

New auto watch setting

Planio Support (ja - 日本語): 作業時間の入力、ファイルとチケット編集機能を改善

Added by Keiko Fukuda 8 months ago

Planioのいくつかの機能を改善しました。この改善が皆様にとって役立つものになると嬉しく思います。

1つ目の改善点は、特定のユーザーが他のユーザーの作業時間の記録できるようになったことです。
作業時間の編集や、CSVインポート機能で作業時間をインポートするときにも利用できます。
他のユーザーのために時間を記録する機能は、新しい権限として追加されています。許可を必要とするユーザーのロールで、この権限を有効に設定してください。

次に紹介するのは、ファイルモジュールでチケット単位でのファイルグループ化を解除できるようになったことです。
ファイルのサイズ・作成日、その他の属性によるファイルのフィルタリングやソートも可能となりました。 なお、ファイルの閲覧・管理の可否はユーザーの持つ権限によって異なります。

最後の改善点の紹介です。
チケットのコメントの表示順を「新しい順」に設定した際、コメント入力欄がチケットの説明とコメントの履歴の間に配置されるようになりました。
最新のコメントを確認しながらコメントを入力できるようになり、使い勝手が大幅に改善されたことを実感できると思います。

これらの改善により、皆様にとってPlanioの利用がより生産的になることを願っています。そしてフィードバックもぜひお待ちしています。
もしこれらの新機能やPlanioについてご質問がありましたらお気軽にお問い合わせください。

Planio Support (english): Time entries, Files and Issue Edit updates

Feature update
Added by Felix Schäfer 9 months ago

We are pleased to announce a few improvements and refinements to Planio across the board, we hope many of you will find something useful in this update!

First of all you can now allow certain users to log time for other users. This is possible when logging time, when editing logged time and even when importing time logs via a CSV import. The ability to log time for other users is subject to a new permission, please make sure to activate this permission for users requiring it.

Author selection menu for a new time log

Furthermore you can now remove the grouping by container in the Files section, sort files by size, creation date and other attributes and filter files by their names. The visibility of files and attachments is as always limited by the permissions of the current user.

Files with filter and sorting without container grouping

Last but not least, users who prefer the reverse chronological order for issue comments, i.e. the newest comments are at the top of the issue history, will find the usage of this mode much improved. Everything needed to edit the current issue and add a new comment is now located near the newest comment, i.e. the menu and edit form will now be located between the issue description and issue history when using the reverse chronological order for issue comments.

We hope these improvements will make using Planio more productive for everyone and would love to hear your feedback. If you have any questions regarding those new features or anything Planio related please get in touch.

(1-10/98)

Also available in: Atom