Project

Profile

Help

Blog

Planio Support (ja - 日本語): GitHubやBitbucketとの接続方法を改善

Added by Yukiko Ishihara 4 days ago

外部のGitリポジトリは、ミラーリングされたリポジトリやウェブフックを使ってPlanioと接続することができます。今回のアップデートでは、プロセスが合理化され、GitHubやBitbucketのリポジトリとPlanioを数回クリックするだけで接続できるようになりました。

手順は以下の通りです。

プロジェクト設定の「リポジトリ」タブで、既存のリポジトリの上に、GithubとBitbucketのリポジトリを接続するための2つのリンク「Connect GitHub repositories」「Connect Bitbucket repositories」があります。これらのリンクのいずれかをクリックすると、プロバイダから接続する可能性のあるリポジトリのリストが表示されます。

各リポジトリには、 Connect to Planio ボタンがあり、Planioプロジェクトにミラーリングされたリポジトリをセットアップします。リポジトリを同期させるために必要なウェブフックやデプロイキーは、自動的に設定されます。

最初にBitbucketやGitHubに接続しようとすると、プロバイダにサインインするか、またはPlanioにリポジトリへのアクセス許可を与えるかを求められますのでご注意ください。


Comments

Planio Support (ja - 日本語): HostedRedmineがPlanioに加わりました

Added by Keiko Fukuda 7 days ago

10月2日、最も歴史のあるRedmineホスティングプロバイダである「HostedRedmine.com」がPlanioに加わりました。

これはすべてのHostedRedmine.comユーザーにとって良いお知らせです。

すべてのRedmineプロジェクトがシームレスにPlanioに移行し、Planioの機能を無料で利用できるようになります。

HostedRedmine.comはPlanioのプラットフォーム上に移動しました。URLだけでなくログインID・パスワードも変わりません。
すべてのユーザーはこれまでと同じようにログインしてRedmineを利用できます。 新しいインターフェースに切り替わるだけです。さらに全てのプロジェクトで新機能を利用できます。
モジュールタブをチェックしてみてください!

HostedRedmine.comでSubversionを使用していた場合

Planioには、無料のGitとSubversionリポジトリが付属しています。サードパーティーのSubversionホスティングプロバイダはもう必要ありません。
ただし、Planioでは外部でホストされているSubversionリポジトリに接続することはできません。

しかし、外部でホストしているSubversionリポジトリをPlanioに移行することは可能です。シームレスに移行できるように、Planioでは無料のSVNインポーターを構築しました。
このインポーターを利用すれば、ワンクリックでPlanioに外部でホストされているSubversionリポジトリをPlanioに移行でき、これまでと同じように利用することができます。

このインポーターはご利用のプロジェクトのリポジトリで利用できます。

Planio Support (english): Improved GitHub and Bitbucket integration

Feature Update
Added by Jens Krämer 16 days ago

External Git repositories could be integrated with Planio by means of mirrored repositories and web hooks for a long time already. A recent update now streamlines the process and makes connecting repositories on GitHub and Bitbucket with Planio a matter of just a few clicks.

Here's how it works:

In the project settings' Repositories tab, above your existing repositories, you find two links for connecting Github and Bitbucket repositories. Clicking on either of these links will load a list of potential repositories to connect from the provider.

For each repository there is a Connect to Planio button which will set up the mirrored repository in your Planio project. Any web hooks and deploy keys necessary to keey the repositories in sync will be set up automatically for you.

Please note that the first time you attempt to connect with either Bitbucket or GitHub, you will be prompted to sign in with the provider and / or give Planio permission to access your repositories.

Planio Support (ja - 日本語): PlanioはOAuth2に対応しました

Added by Yukiko Ishihara 18 days ago

PlanioにはREST APIが付属しています。APIを使用するには、APIキーを生成し、それを使用して承認されたAPI呼び出しを行う必要があります。

これは比較的簡単に操作できる反面、いくつかの欠点があります。

  • 各APIキーは一つのユーザーに結び付けられているため、アプリケーションがPlanioと連携する際には、常にこのユーザーとしてアクセスすることになります。
  • アプリケーションのアクセスを制限する方法がありません。APIキーは常にそのユーザーに付与された権限を持ちます。

OAuth 2では、アプリケーションを特定のスコープに制限するメカニズムが導入されています。さらに、アプリケーションがユーザーに代わって操作する前に、ユーザーがアプリケーションに明示的にアクセスを許可する必要があります。その際、アプリケーションがどのようなデータにアクセスできるのか、スコープについての情報が提供されます。同様に、ユーザーはいつでもこの決定を元に戻して、アプリケーションへのアクセスを取り消すことができます。

PlanioはOAuth 2に対応しました。OAuth 2でのPlanioのAPIの使用方法の詳細については、ガイドAPIドキュメントをご覧ください。

Planio Support (english): HostedRedmine joins Planio

Added by Jan Schulz-Hofen 22 days ago

Today, HostedRedmine.com, the first and oldest free Redmine Hosting provider joins Planio.

The good news for all HostedRedmine.com users: All Redmine projects will transition seamlessly to Planio and all existing users get access to Planio features for free.

HostedRedmine.com has moved to the Planio platform. The URL as well as all logins and passwords remained the same. All users will be able to login and use Redmine just as before. They have simply been switched to the new user interface and all projects will get access to the new features. Check out the Apps tab!

Planio Apps

If you have been using Subversion at HostedRedmine.com

Planio comes with free hosted Git and Subversion repositories. You won't need a third party Subversion hosting provider anymore. However, Planio cannot connect to externally hosted SVN repos.

But you can migrate your external SVN repos to Planio! To make this seamless for you, we have built a free SVN importer. The importer lets you migrate your externally hosted Subversion to Planio in one click and keep using it just as before.

The importer is available in the Repository section in your projects.

Planio Support (english): Integrate with Planio using OAuth2

Feature Update
Added by Jens Krämer about 2 months ago

As you might know, Planio comes with a powerful REST API which covers almost all aspects of Planio. If you were working with the API before, you know that in order to use it, you had to generate an API key and use that to make authorized API calls.

This approach, while relatively easy to work with, has a few drawbacks:

  • Each API key is tied to a single user account, meaning that your application will always act as this user when interacting with Planio.
  • There is no way to restrict what an application can do - an API key always grants it's user the same set of permissions that the user it belongs to has.

OAuth 2 introduces a mechanism to restrict applications to a certain scope. Further, users need to explicitly grant access to an application before it may act on their behalf. When doing so, they will be informed about the scope, that is, what data the application is going to have access to. In the same way, a user may later decide to revert this decision and revoke access for an application at any time.

Starting today, Planio now supports OAuth 2. Check out our Guide and the API Documentation to learn more about using Planio's API with OAuth 2.

Authorizing an OAuth 2 Application

Planio Support (ja - 日本語): Planioのナビゲーションを改善(プロジェクト検索機能など)

Added by Keiko Fukuda 4 months ago

プロジェクトセレクタに絞り込み機能を追加

プロジェクトセレクタを改良し、大量のプロジェクトの中から簡単にプロジェクトを選択できるようになりました。
このプロジェクトセレクタにインクリメンタルサーチ(絞り込み機能)を追加し、プロジェクト名の一部を入力すると、該当するプロジェクトが絞り込まれて表示されます。
プロジェクトセレクタで絞り込んだリストは、スクロールで表示できるほかキーボードナビゲーションにも対応しています。

プロジェクトセレクタには2つの強力な機能「Recentry used」と「Bookmarks」も加わりました。
「Recentry used」は最近使用したプロジェクトが検索ボックスのすぐの下に表示されます。最近取り組んでいるプロジェクトに素早く移動できるようになりました。
「Bookmarks」はプロジェクトの概要ページ右上のコンテクストメニューのアイコンをクリックすると設定できます。 ブックマークしたプロジェクトはプロジェクトセレクタの一番上に表示されます。

グローバルタブ

プロジェクトタブ(チケットやガントチャートなどのタブ)をグローバル表示にし、Planioのスタート画面で表示されるようになりました。
プロジェクトを横断したチケットの一覧を表示することが簡単に行えます。

グローバルタブには各プロジェクトタブと同じ+メニューがあり、チケットを簡単に作成したり、どのプロジェクトに移動するか選択することもできます。
また、チケットや作業時間のインポートも+メニューからすばやく行うことができます。

その他の改善

そのほかにも今回Planioでは、新しいチケットのフィルタを追加したり、UIの改良など数多くの小さな改善を行いました。

カスタムフィールドに「ファイル」の追加と「長いテキスト」のワイド表示

カスタムフィールドでは、新しいカスタムフィールドの形式として「ファイル」を追加しました。デフォルトの添付ファイル欄とは別にファイルをアップロードできる欄を追加できます。
また、長いテキスト形式のカスタムフィールドで「ワイド表示」が設定できるようになりました。

作業時間のクエリ機能を追加

最後に紹介する機能はご要望の多かった作業時間のクエリ機能の大幅な改善です。
作業時間一覧画面のクエリをチケット一覧画面のクエリと同じように保存ができるようになりました。
これにより、作業時間一覧画面でクエリを頻繁に使用するユーザーは毎回クエリを設定する必要がなくなり、Planioを閲覧する時間を短縮できるようになります。

これらの変更により、全てのユーザーにPlanioの操作性が向上したことを実感していただけると思います。ぜひご意見をお聞かせください。
新機能やPlanioに関する質問がありましたら、お気軽にお問い合わせください。

Planio Support (english): Planio navigation improvements

Feature Update
Added by Felix Schäfer 4 months ago

Updated project picker with autocomplete

We have revamped the global project picker to make navigating large numbers of projects easier. The project picker now has an autocomplete field you can use to narrow down on the project you would like to jump to. The project picker still has a scrollable list of results, and heavy keyboard users will be happy to know the new project picker also still supports keyboard navigation.

The new project picker also sports 2 power-user features: recently used and bookmarked projects. Recently used projects will show up at the top of the project picker just below the autocomplete box, this way you will be able to quickly jump to projects you already have been working on recently. Last but not least you can now bookmark projects on the Overview page of a project using the icon in the top right contextual menu. Your bookmarked projects will then appear at the top of the projects listed in your project picker.

Gif of the new project picker in action

New project picker in Planio

Global tabs

We have brought the tabs you already know from projects to global views, making it easier to access for example the global issue or time entry list. Going to the global issue list now doesn't involve selecting the project list from your user menu and clicking the "view all issues" button, you can now directly jump to the global issue list from the Planio start page.

The global tabs also feature the same +-menu than the project tabs which allows you to quickly enter an issue and then select which project it should go to or to quickly access the various import functions of Planio.

Many more small improvements

This version of Planio also brings lots of smaller improvements, like some new filters in the issues query or refinements to some UI elements.

There are 2 additions to custom fields that we would like to highlight. First is the new File type for custom fields. If there's a type of document that should be attached in a structured way to certain issues, you can now define a File type custom field for those issues! Second is a UI option for Long Text type custom fields, which can now be configured to be displayed as full width, which will improve the experience of entering and reading really long texts in custom fields.

Last but not least is a great improvement to Time Entry Queries some of you have requested: Time Entry Queries can now be saved with mostly the same experience as for saving Issue Queries. This will allow frequent users of Time Entry Queries to save queries they use often and speed up this part of their Planio usage.

We're sure every user will find their Planio experience improved by those changes and would love to hear your feedback. If you have any questions regarding those new features or anything Planio related please get in touch.

Planio Support (ja - 日本語): Planio Storageにファイルダウンロードを管理する新機能を追加

Added by Keiko Fukuda 5 months ago

Planio Storageのファイルダウンロード履歴の表示

Planio Storageに保存したファイルの詳細ページに、新たにダウンロード・タブを追加し、過去30日間のダウンロード履歴を表示できるようにしました。
(30日間はデフォルトの設定であり、下記で説明するように、プロジェクト単位で表示日数を変更することができます)。

この新しい機能により、誰がいつ何のファイルをダウンロードしたのか、またダウンロードが WebDAV、Planio API、または Webブラウザを使用して行われたかどうか履歴を管理することができます。

プロジェクトレベルでの新しい3つの設定

また今回のアップデートでは、Planio Storageにおいて各プロジェクトレベルで変可能な設定を3つ新たに導入しました。

Maximum number of file versions(ファイルのバージョンの最大値の設定)

お気づきかもしれませんが、Planio Storage では、ファイルが更新されるたびに新しいファイルバージョンを作成し、「履歴」タブから以前のバージョンのファイルをダウンロードできます。
この設定では、各ファイルが保持するバージョン数を設定することができます。各ファイルの履歴を無制限に保持するには、空欄のままにしてください。
ただし、各ファイルのバージョンはアカウントのストレージ容量にカウントされることに注意してください。
この設定のデフォルト値は15です。これは各ファイルの現在のバージョンと、直近の過去14バージョンが保持されることを意味します。

Download history retention time(ダウンロード履歴の保持期間の設定)

上記で紹介したダウンロード履歴の表示機能を補うために、この設定ではダウンロード履歴を何日分保存するかを選択することができます。
空の値は履歴を永遠に保存することを意味し、「0」にすると当該プロジェクトではダウンロード履歴を一切保存しないようになります。

値を下げて設定すると(例えば保持期限を30日から10日に変更すると)、新しい設定と一致しない履歴はすぐに削除されます。

Purge deleted files from trash after(ゴミ箱からファイルを自動削除する期間の設定)

最近導入されたゴミ箱(Trash)では、3日以上前にゴミ箱に移動したファイルは自動的に削除されていましたが、今回新たに自動削除までの期間を設定できるようになりました。
ファイルを自動的に削除しないようにするには、空欄にしてください。逆に「0」に設定すると、ゴミ箱は無効化されすぐにファイルが削除されます。

この値は変更を加えても、将来削除されたファイルにのみ適用され、設定変更時点のゴミ箱の内容には影響しません。
ゴミ箱の中のファイル(およびそのバージョン)は、最終的に削除されるまでPlanioのストレージ容量にカウントされます。

Planio Support (english): Keep Track of File Downloads in Planio Storage

Feature Update
Added by Jens Krämer 6 months ago

Download History of Files in Planio Storage

We added a new Downloads tab to the Storage file details page, showing all downloads of the file in the last 30 days (by default, you may however change this for each project, as outlined below). This allows you to keep track of who downloaded what and when, and whether downloads were made through WebDAV, the Planio API or by using a Web browser.

Storage File Download Log

New Project Level Settings for Planio Storage

With this update, we also introduced three new project level settings for Planio Storage.

Project Level Planio Storage Settings

Maximum number of file versions

As you might have noticed, Planio Storage creates a new Version every time a file is updated, and you can download previous versions of any file from the History tab. This setting allows to configure how many versions for each file should be kept around. Leave this field blank in order to keep an unlimited history for each file. However keep in mind that old versions of files count against the storage quota of your account. The default value for this setting is 15, meaning that, for each file, it's current, and the most recent 14 previous versions, are kept.

Download history retention time

Complementing the Download History feature introduced above, here you may choose how many days of download logs should be kept. An empty value means Keep history forever, a value of 0 configures Planio Storage to not store download history at all in this project.

Lowering this setting, i.e. from 3 to 1 day, will lead to immediate deletion of log entries that do not match the new setting.

Purge deleted files from trash after

The recently introduced Trashcan automatically purges entries older than three days. You can now adapt this to your needs by setting a different number of days here. In order to never automatically purge files, set this to a blank value. A value of 0, on the contrary, will effectively disable the trashcan and delete files immediately. Any changes you make to this value will only apply to files deleted in the future and do not affect current contents of the Trashcan.

Trashcan contents (and their versions) count against your global Storage quota until they are finally purged.

(1-10/86)

Also available in: Atom